関屋記念

関屋記念、クラレントかあ!眼中にありませんでした!

関屋記念、クラレントかあ!眼中にありませんでした!

 

 

8月17日(日)関屋記念G3
新潟11R芝左1600mAコース
3歳以上 国際 特指 別定
古馬短距離路線
1着賞金3800万円

 

 

 

1着13クラレント   
2着 7ダノンシャーク 
3着 1サトノギャラント

 

 

クラレントかあ!眼中にありませんでした!

 

 

私は、着順を以下の通りと考えていました。

 

◎ショウナンアチーヴ
〇ダノンシャーク
〇マジェスティハーツ
〇タガノブルグ
〇ミトラ
▲クラレント
▲サトノギャラント
△エクセラントカーヴ

 

 

結果論で申し訳ありませんが、

 

クラレントは、馬券外と考えていましたし、

 

軸馬としては、はずれです。

 

 

何で、走らなかったの?

 

 

理由の一つは、

 

馬場状態が稍重とはいえ、かなり悪かったこと

 

こんな馬場を得意とする馬と、

 

そうでない馬がはっきりします。

 

 

これは、競馬の着順を左右する要素として、

 

馬の名前で、

 

しっかり、覚えておきたいことです。

 

 

中京記念の馬場状態は、

 

今回より悪かったか、

 

よかったか、同じ稍重でも、

 

中京記念のように水分の少ない馬場と

 

今回のように水分を多く含んだ馬場では違うようです。

 

 

クラレントの田辺裕信騎手が、

 

「ドボドボ馬場」と

 

コメントしたり、

 

マジェスティハーツの森一馬騎手が、

 

「ボコボコしても水分の少ない馬場」

 

などと、

 

コメントしていました。

 

 

実際1着のタイムを比較すると、

 

中京記念1着サダムパテック 1.37.1

 

関屋記念1着クラレント   1.32.5

 

 

約5秒差があります。

 

だから、

 

やっぱり、中京記念は、

 

今回以上に悪かったことが分かります。

 

 

ちなみに、

 

中京記念出走メンバーだけで着順を比較すると

 

 

ミッキードリーム 2着→今回8着

 

マジェスティハーツ3着→今回12着

 

ブレイズアトレイル4着→今回5着

 

ティアップゴールド6着→今回11着

 

サトノギャラント 7着→今回3着

 

クラレント    8着→今回1着

 

 

芝1600m稍重という条件であっても、

 

ゴール前の坂があるかないか、

 

馬の体調、

 

枠順、

 

レース展開、

 

など

 

競馬の着順を左右する要素は、たくさんあります。

 

 

 

上がり3Fの1位は、

 

9着エキストラエンド33.5

 

さすがに、いい脚を持っています。

 

 

次が、

 

3着サトノギャラント33.6

 

ハナ差で、

 

4着エクセラントカーヴ33.7

 

唯一の牝馬ですが、力があります。

 

 

 

騎手のコメントから分かる

 

稍重など悪い馬場が得意でない馬

 

 

7着サンレイレーザー

 

10着ミトラ

 

12着マジェスティハーツ

 

13着シャイニープリンス

 

ですが、

 

次走が

 

パンパンの良馬場のとき、

 

注目しましょう。

 

 

 

■このレースから学んだ競馬の着順を左右する要素は?

 

 

緩い馬場では、ノメって、走れない馬がいるので、

 

その日の馬場状態は無視できない。

 

特に、

 

ストライドの大きい馬、

 

これは、ダメです。

 

 

 

■払戻金
単勝
13    1,060円 4人気
複勝
13     310円 5人気
7     160円 1人気
1     300円 4人気
3連単
13- 7- 1    39,800円
        83人気

 

 

 

1着2着3着が、それぞれ、

 

4番人気、1番人気、6番人気でしたので、

 

単勝、3連単は高配当になりましたね。

 

 

 

 

 

競馬の言葉はむつかしくて、

 

3回目のチャレンジで

 

ようやく理解できるようになりつつあります。

 

 

最近は、

 

競馬の奥の深さをのぞきこんでは、

 

おどろいている次第です。

 

そんな経験をモトに、

 

競馬の着順を左右する要素をまとめています。

 

お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!

 

↓↓↓

 

競馬の着順を左右する要素とは?

 

 

 

 

 

 

 

夏競馬関連ページ

鳴尾記念2014
鳴尾記念、一瞬3頭同着か?を制したエアソミュール重賞初制覇!
安田記念2014
安田記念、ジャスタウエイ、今、世界一の最強馬の実力です。
エプソムカップ2014
エプソムカップ、荒れたCコースを内から叩き合いを制した、ディサイファが重賞初制覇!
マーメイドステークス2014
マーメイドステークス、1番人気ディアデラマドレ、母親譲りの切れる脚が爆発!
ユニコーンステークス2014
ユニコーンステークス、3番人気レッドアルヴィス、直線での叩き合いを制して重賞初制覇!
函館スプリントステークス2014
函館スプリントステークス、津村順天堂の冬馬7歳馬のガルボが夏に来た!
東京ジャンプステークス2014
東京ジャンプステークス、雨で稍重の馬場の中、メイショウヨウドウ勝利
宝塚記念2014
宝塚記念、天も味方したか、史上初の連覇ゴールドシップ!
CBC賞2014
CBC賞、トーホウアマポーラ、強烈な外からの差脚で優勝!
ラジオNIKKEI賞2014
ラジオNIKKEI賞、小回り福島1800mに強い、ウインマーレライ優勝!
プロキオンステークス2014
プロキオンステークス、ベストウォーリア、外から抜群の伸びで差し切り勝ち!
七夕賞2014
七夕賞、メイショウナルト、復活の逃げ切り勝ち!
函館2歳S2014
函館2歳S、逃げ一直線で4番人気アクティブミノルが連闘連勝!
函館記念2014
函館記念、2番人気ラブイズブーシェ直線早めハナを奪って押し切り勝ち!
エルムステークス2014
エルムステークス、不良馬場でローマンレジェンド復活の勝利!
中京記念2014
中京記念、ハナ差で差すがG1馬サダムパテックの実力勝利!
小倉サマージャンプ2014
小倉サマージャンプ、メイショウブシドウ最後は8馬身差の快勝!快勝!
クイーンステークス2014
クイーンステークス、キャトルフィーユが3頭の激闘を制し、重賞初制覇!
アイビスサマーダッシュ2014
アイビスサマーダッシュ、新潟の韋駄天、セイコーライコウ、重賞初制覇
小倉記念2014
小倉記念、強風、横なぐり雨中、大外強襲サトノノブレス優勝!
レパードステークス2014
レパードステークス、アジアエクスプレス、復活の勝利!
札幌記念2014
札幌記念、競馬史に残るレースを制したのは、3歳牝馬のハープスター
北九州記念2014
北九州記念、想定外リトルゲルダで大波乱!!!
新潟ジャンプステークス2014
新潟ジャンプステークス、エーシンホワイティ、2着に10馬身差の圧勝!
新潟2歳ステークス2014
新潟2歳ステークス、平成のシンザン、ミュゼスルタン快勝
キーンランドカップ2014
キーンランドカップ、G1阪神JF勝利馬ローブティサージュ復活!
札幌2歳ステークス2014
札幌2歳ステークス、シンガリから差し切り勝ち、ブライトエンブレム
小倉2歳ステークス2014
小倉2歳ステークス、15番人気オーミアリス、直線一気、1番人気を差し切る!
新潟記念2014
新潟記念、内外大混戦を制したのは、マーティンボロ
紫苑ステークス2014
紫苑ステークス、見事な差し切り勝ちレーヴデトワール
京成杯AHC2014
京成杯オータムハンデキャップ、クラレント、ゴール直前で差し切り勝ち
セントウルステークス2014
セントウルステークス、叩き合いを制した、牝馬リトルゲルダ!