安田記念

安田記念、ジャスタウエイ、今、世界一の最強馬の実力です。

安田記念、ジャスタウエイ、今、世界一の最強馬の実力です。

 

 

6月8日(日)安田記念G1
東京11R芝左1600m Cコース
3歳上オープン 定量
古馬短距離路線

 

 

1着ジャスタウェイ 
2着グランプリボス
3着ショウナンマイティ

 

 

ジャスタウエイ、今、世界一の最強馬の実力です。

 

東京競馬場のCコースの不良馬場、

 

内側が、悪いのは、常識ですから、

 

どの馬も外に外に、向かいます。

 

ゴール前100mからの叩き合い

 

これを内側から制して

 

差し切り勝ちのジャスタウエイ

 

 

底力を見ました。

 

 

すごい!

 

 

のひとことです。

 

 

柴田善臣騎手のコメント

 

「・・・追っていても脚を取られる部分があって、

 

あきらめて仕方がないくらいのバランスの崩し方でした・・・

 

2着馬が手応え良く外をガードしていたので、

 

苦しいところに押し込められ、

 

外へ出られませんでした・・・」

 

 

何度も脚を取られ、

 

さらに、

 

外側をグランプリボスに固められ、

 

それでも、

 

内側から、差しきった実力には、感服しました。

 

 

 

たった1頭の3歳馬2番人気ミッキーアイル16着

 

今までは、2着1着1着1着1着1着でしたから、

 

すべて逃げ切り勝ちです。

 

2番人気も当然です。

 

他馬は、5歳以上

 

ハナをきったのは、読み筋どおりでしたが、

 

不良馬場、

 

こたえたようです。

 

リアルインパクト

 

ダノンシャーク

 

カレンブラックヒルなどに

 

ガッチリ

 

マークされ、

 

4コーナーを過ぎた当たりから、

 

他馬は、外に出されていましたが、

 

最内を行きました。

 

ジャスタウエイと同じ力があれば、

 

勝ったかもしれません。

 

 

この日の東京競馬場のCコースは

 

とんでもない不良馬場でした。

 

ダートとは違いますが、

 

ダートのゴール前は、みずたまりができていましたから、

 

芝のゴール前も推して知れるところでしょう。

 

その内側を走ったのですから、

 

たまりません。

 

 

浜中俊騎手のコメント((c)日刊スポーツ)

 

「・・・こういう馬場は初めてだし、

 

今日は競馬にならなかった・・・」

 

良馬場での逃げ切りのミッキーアイルは

 

捨てがたい魅力があります。

 

まだ、3歳、注目の一頭です。

 

 

 

2着16番人気(ブービー人気)グランプリボス

 

昨年4月21日読売マイラーズカップG2以来の勝利です。

 

力はあるのは、みんな知っています。

 

最近の成績がかんばしくないので、

 

16番人気でした。

 

ゴール前ジャスタウエイと制した叩き合い

 

タイム差なしのハナ差で負けはしました。

 

今の時期、これだけの成績を出すということは、

 

秋競馬では、楽しみな馬です。

 

期待しましょう。

 

 

 

3着10番人気ショウナンマイティ

 

昨年の安田記念2着馬です。

 

北村宏司騎手のコメント((c)日刊スポーツ)

 

「・・・他の馬が走って掘れたところを通ったのに

 

ここまで来るのだから。

 

やっぱり力があります」

 

他馬のワダチというか、通った跡がつきますので、

 

走りにくいはずです。

 

それでも3着に食い込んだのは、力がある証拠

 

 

 

3番人気5着ワールドエース

 

馬場の悪さで、5着になりましたが、

 

良馬場では、期待できる注目の馬です。

 

 

 

今回の安田記念は、

 

東京競馬場の馬場の悪さで、ノメった馬が

 

ほとんど

 

 

8番人気14着トーセンラーに騎乗した武豊騎手のコメント

 

「勝ち馬以外、みんな敗因は馬場状態ではないでしょうか。・・・」

 

(c)ラジオNIKKEI

 

 

 

その東京競馬場の馬場状態を

 

ものともせず、勝った、

 

ジャスタウエイは、今、世界一の最強馬です。

 

 

 

 

 

■払戻金
単勝
10     170円 1人気
複勝
10     110円 1人気
12    2,200円 16人気
11     600円 11人気
3連複
10-11-12    91,160円
        211人気
3連単
10-12-11   373,470円
        805人気

 

 

1着は1本かぶりの1番人気ジャスタウエイ

 

2着16番人気(ブービー人気)グランプリボス

 

3着10番人気ショウナンマイティ

 

ですから、単勝は低配当ですが、

 

3連単だけでなく、

 

馬連、馬単、3連複、ワイドも、高配当になりました。

 

 

 

 

 

競馬の言葉はむつかしくて、

 

3回目のチャレンジでようやく

 

理解できるようになりつつあります。

 

 

最近は、競馬の奥の深さをのぞきこんでは、

 

おどろいている次第です。

 

そんな経験をモトに、

 

競馬の着順を左右する要素をまとめています。

 

お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!

 

↓↓↓

 

競馬の着順を左右する要素とは?

 

 

 

 

 

夏競馬関連ページ

鳴尾記念2014
鳴尾記念、一瞬3頭同着か?を制したエアソミュール重賞初制覇!
エプソムカップ2014
エプソムカップ、荒れたCコースを内から叩き合いを制した、ディサイファが重賞初制覇!
マーメイドステークス2014
マーメイドステークス、1番人気ディアデラマドレ、母親譲りの切れる脚が爆発!
ユニコーンステークス2014
ユニコーンステークス、3番人気レッドアルヴィス、直線での叩き合いを制して重賞初制覇!
函館スプリントステークス2014
函館スプリントステークス、津村順天堂の冬馬7歳馬のガルボが夏に来た!
東京ジャンプステークス2014
東京ジャンプステークス、雨で稍重の馬場の中、メイショウヨウドウ勝利
宝塚記念2014
宝塚記念、天も味方したか、史上初の連覇ゴールドシップ!
CBC賞2014
CBC賞、トーホウアマポーラ、強烈な外からの差脚で優勝!
ラジオNIKKEI賞2014
ラジオNIKKEI賞、小回り福島1800mに強い、ウインマーレライ優勝!
プロキオンステークス2014
プロキオンステークス、ベストウォーリア、外から抜群の伸びで差し切り勝ち!
七夕賞2014
七夕賞、メイショウナルト、復活の逃げ切り勝ち!
函館2歳S2014
函館2歳S、逃げ一直線で4番人気アクティブミノルが連闘連勝!
函館記念2014
函館記念、2番人気ラブイズブーシェ直線早めハナを奪って押し切り勝ち!
エルムステークス2014
エルムステークス、不良馬場でローマンレジェンド復活の勝利!
中京記念2014
中京記念、ハナ差で差すがG1馬サダムパテックの実力勝利!
小倉サマージャンプ2014
小倉サマージャンプ、メイショウブシドウ最後は8馬身差の快勝!快勝!
クイーンステークス2014
クイーンステークス、キャトルフィーユが3頭の激闘を制し、重賞初制覇!
アイビスサマーダッシュ2014
アイビスサマーダッシュ、新潟の韋駄天、セイコーライコウ、重賞初制覇
小倉記念2014
小倉記念、強風、横なぐり雨中、大外強襲サトノノブレス優勝!
レパードステークス2014
レパードステークス、アジアエクスプレス、復活の勝利!
関屋記念2014
関屋記念、クラレントかあ!眼中にありませんでした!
札幌記念2014
札幌記念、競馬史に残るレースを制したのは、3歳牝馬のハープスター
北九州記念2014
北九州記念、想定外リトルゲルダで大波乱!!!
新潟ジャンプステークス2014
新潟ジャンプステークス、エーシンホワイティ、2着に10馬身差の圧勝!
新潟2歳ステークス2014
新潟2歳ステークス、平成のシンザン、ミュゼスルタン快勝
キーンランドカップ2014
キーンランドカップ、G1阪神JF勝利馬ローブティサージュ復活!
札幌2歳ステークス2014
札幌2歳ステークス、シンガリから差し切り勝ち、ブライトエンブレム
小倉2歳ステークス2014
小倉2歳ステークス、15番人気オーミアリス、直線一気、1番人気を差し切る!
新潟記念2014
新潟記念、内外大混戦を制したのは、マーティンボロ
紫苑ステークス2014
紫苑ステークス、見事な差し切り勝ちレーヴデトワール
京成杯AHC2014
京成杯オータムハンデキャップ、クラレント、ゴール直前で差し切り勝ち
セントウルステークス2014
セントウルステークス、叩き合いを制した、牝馬リトルゲルダ!