関屋記念2020

関屋記念2020、サトノアーサー、出遅れ後方追走なるも、ゴール前、外から素晴らしい伸び脚で重賞2勝目

関屋記念2020サトノアーサー、出遅れ後方追走なるも、ゴール前、外から素晴らしい伸び脚で重賞2勝目

 

 

■ レース概要 ■

レース日 2020年 8月16日(日)
開催日 3回新潟2日目
レース名 関屋記念
グレード G3
距離 芝1600m
馬齢・性別 3歳以上
出走資格 国際 特指
負担重量 別定
1着賞金(万円) 3900
西東

 

 

■ 上位着順1着から3着までの馬 ■

着順 人気 B 枠番 馬番 馬名 性別 年齢 騎手 前走騎手
1 4 8 17 サトノアーサー 6 ディープインパクト 戸崎圭太 レーン
2 8 8 18 トロワゼトワル 5 ロードカナロア 三浦皇成 三浦皇成
3 1 2 3 アンドラステ 4 オルフェーヴル 岩田望来 岩田望来

 

 

 

■ レース結果をひとことで言うと? ■

 

サトノアーサー、出遅れ後方追走なるも、ゴール前、外から素晴らしい伸び脚で重賞2勝目

 

 

【 天候と馬場状態 】

 

天候は晴れ
馬場は良の新潟競馬場

 

 

【 レースのポイント 】

 

〇スタート
出遅れ
サトノアーサー

 

〇先行争い
ミラアイトーン
トロワゼトワル
2頭が飛び出して
じんわりと先頭なるも

 

トロワゼトワル
がミラアイトーン
を交わし単独の先頭

 

〇隊列
3番手
メイショウグロッケ
メイケイダイハード

 

クリノガウディー
アンドラステ
アストラエンブレム
グルーヴィット

 

その後ろ
ハーレムライン
プリモシーン
プロディガルサン
ジャンダルム

 

後方
ドーヴァー
ミッキーブリランテ

 

さらに
エントシャイデン
ペプチドバンブー

 

後方2番手
サトノアーサー

 

最後方
ブラックムーン

 

〇中間ラップとペース
600m
34.6(-0.1)
800m
46.3(-0.2)
1000m
57.8(-0.2)

 

ミドルペース

 

 

〇3コーナー〜4コーナー
トロワゼトワル
先頭

 

2馬身ほどのリード

 

4コーナーから最後の直線へ

 

〇直線
2番手に
ミラアイトーン
クリノガウディー
が上がり

 

後方馬群凝縮
一斉にスパート

 

〇残り400m過ぎ
トロワゼトワル
先頭

 

後続の隊列に変わりがない。

 

〇残り200m過ぎ
サトノアーサー
アンドラステ
2頭が末脚を伸ばし

 

トロワゼトワル
逃げ込み態勢

 

〇ゴール直前
サトノアーサー
が素晴らしい追い込み、

 

トロワゼトワル
をとらえ、

 

先頭でゴール!!!

 

アンドラステ
3着

 

 

 

【 勝ち馬について 】

 

サトノアーサー

 

2018年エプソムカップ以来の重賞制覇
その間
51週、ほとんど1年のブランク

 

前走まで
リステッド競走
重賞で上位に進出するも
勝ちきれませんでした。

 

よくここまで立ち上がってきました。

 

上がり3F
33.7
メンバー中最速の上がり

 

牡馬6歳
ディープインパクト産駒

 

次走
期待します。

 

 

 

【 勝利騎手のひとこと 】

 

戸崎圭太騎手

 

「後ろから行くつもりはありませんでしたが、
スタートで上手く出すことができなかったので、
切り替えていきました。

 

切れる脚もあるし、直線も長いので、馬を信じて行きました。

 

(ケガを乗り越えての勝利、重賞勝ちですが)
とても嬉しく思いますし、馬がよく走ってくれました」

 

(ラジオNIKKEIより)

 

 

 

■ 紹介した有力馬の着順は? ■

着順 人気 B 枠番 馬番 馬名 性別 年齢 騎手 前走騎手
1 4 8 17 サトノアーサー 6 ディープインパクト 戸崎圭太 レーン
9 7 3 6 アストラエンブレム 7 ダイワメジャー 北村宏司 三浦皇成
15 2 1 1 プリモシーン 5 ディープインパクト 福永祐一 レーン
3 1 2 3 アンドラステ 4 オルフェーヴル 岩田望来 岩田望来
8 11 2 4 メイショウグロッケ 6 メイショウサムソン 柴田善臣 大野拓弥

 

 

 

■ 払戻金 ■

 

単勝 17 \750
複勝 17 \250 / 18 \490 / 3 \180
枠連 8-8 \1040 (4)
馬連 17-18 \7230 (29)
ワイド 17-18 \2350 (32)/ 03-17 \630 (2)/ 03-18 \1980 (25)
馬単 17-18 \12810 (55)
3連複 03-17-18 \11820 (35/816)
3連単 17-18-03 \83420 (290/4896)

 

(成績、払戻金などは転記ミスに注意していますが、
必ずJRA発表のものと、ご確認、ご照合願います)

 

 

 

 

 

■ この記事、よろしかったら、いいね!お願いします! ■

 

 

 

 

 

 

 

■ スポンサーリンク ■

 

関屋記念2020、出馬表確定したので、見直しました。

関屋記念2020、出馬表確定したので、見直しました。

 

 

■ レース概要 ■

レース日 2020年 8月16日(日)
開催日 3回新潟2日目
レース名 関屋記念
グレード G3
距離 芝1600m
馬齢・性別 3歳以上
出走資格 国際 特指
負担重量 別定
1着賞金(万円) 3900
西東

 

 

 

■ レースの歴史 ■

 

関屋記念
1966年4歳(今の3歳)以上ハンデキャップ重賞競走として創設
新潟競馬場芝2000mで施行
1973年負担重量を別定に変更
1975年距離を1600mに変更
1984年G3に格付け
2001年馬齢表示変更で、出走条件を3歳以上に変更
2010年サマージョッキーシリーズ対象競走に
2012年サマーマイルシリーズ第2戦に

 

 

 

■ 有力馬の選び方

 

私の選考手順は、こちらをご覧ください。

 

 

□割り出した結果は、以下の通りです。18頭登録フルゲート18頭出走予定XX頭

同クラス 同コース 新潟・芝 芝1600m 全芝 同騎手 総合評価
サトノアーサー 2 3 2 2 11
アストラエンブレム 6 1 4 2 3 17
アンドラステ 14 2 1 1 1 20
プリモシーン 1 2 2 5 8 3 21
メイショウグロッケ 7 2 1 4 6 21
プロディガルサン 5 3 8 10 10 37
グルーヴィット 3 17 12 5 39
ミッキーブリランテ 7 8 11 9 4 40
ペプチドバンブー 17 3 6 6 9 42
トロワゼトワル 11 15 7 11 46
クリノガウディー 9 11 18 10 50
$ジャンダルム 13 13 13 9 50
エントシャイデン 12 4 9 7 14 6 52
ブラックムーン 10 5 5 12 11 12 55
*ミラアイトーン 18 7 7 14 5 4 55
メイケイダイハード 4 8 11 17 16 57
ドーヴァー 15 11 8 15 7 57
ハーレムライン 16 6 10 16 17 8 73

 

数字は、小さい方が成績が上を意味します。
未は、未経験を示します。
空白欄は、成績があんまり芳しくないことを意味します。

 

 

 

 

□重複登録馬は?

 

いません。

 

 

 

 

■ 登録馬発表時の有力馬は? 

馬名 性別 年齢 前走騎手
アンドラステ 4 オルフェーヴル 岩田望来
アストラエンブレム 7 ダイワメジャー 三浦皇成
エントシャイデン 5 ディープインパクト 川須栄彦
サトノアーサー 6 ディープインパクト レーン
メイショウグロッケ 6 メイショウサムソン 大野拓弥

 

 

 

□有力馬以外の馬で3着以内に来そうな馬は?

 

ミッキーブリランテ
ペプチドバンブー
グルーヴィット

 

 

□3着以内は厳しそうな馬は?

 

ブラックムーン
プロディガルサン

 

 

 

 

 

■■ 出走馬確定後の有力馬は? 

馬名 性別 年齢 騎手 前走騎手
サトノアーサー 6 ディープインパクト 戸崎圭太 レーン
アストラエンブレム 7 ダイワメジャー 北村宏司 三浦皇成
プリモシーン 5 ディープインパクト 福永祐一 レーン
アンドラステ 4 オルフェーヴル 岩田望来 岩田望来
メイショウグロッケ 6 メイショウサムソン 柴田善臣 大野拓弥

 

 

 

□登録馬発表から出走馬確定までに消えた馬は?

 

いません。

 

 

 

□コメント

 

メイケイダイハード

 

前走阪神競馬場で施行された中京記念G3最低人気1着16300円の単勝万馬券
今回も同様にとは行かないでしょう。

 

 

 

 

 

■ 過去10年のレース結果です ■

日付 馬名S 性別 年齢 騎手 斤量 頭数 人気 馬場状態
190811 ミッキーグローリー 6 ルメール 56 18 1
180812 プリモシーン 3 北村宏司 51 15 1
170813 マルターズアポジー 5 武士沢友 57 16 7
160814 ヤングマンパワー 4 戸崎圭太 56 18 3
150816 レッドアリオン 5 川須栄彦 57 12 2
140817 クラレント 5 田辺裕信 57 17 4
130811 レッドスパーダ 7 北村宏司 57 18 4
120812 ドナウブルー 4 内田博幸 54 18 1
110807 レインボーペガサス 6 安藤勝己 56 12 4
100808 レッツゴーキリシマ 5 北村宏司 56 18 6

 

 

 

 

■ 過去のレース記事です ■

 

2019年関屋記念のレース結果は?!

 

2017年関屋記念のレース結果は?!

 

2016年関屋記念のレース結果は?!

 

2015年関屋記念のレース結果は?!

 

2014年関屋記念のレース結果は?!

 

 

 

 

 

■ 有力馬の選び方について ■

 

私は、前述の手順で、ご紹介する有力馬を決めています。

 

ちなみに、登録馬で決めた馬はほとんど動きません。
だから、人気は全く気にしていません。

 

もちろん、有力馬ではないだろうと判断した馬が
上位着順に食い込むかもしれません。
(実は、よくあることなんです。)

 

そんな場合は、あしからず、ご了承ください。
よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

■ 競馬の基礎を解説したサイトのご紹介 ■

 

競馬初めての人にとっては本当に分かりません。
宝くじと違うかどうかも区別がつきません。
だから、

 

競馬を知りたい人のために、まじめに競馬の基礎知識をご紹介しています。

 

競馬の基礎知識、馬、騎手、コースなど初心者向けに説明しています。

 

しっかりした基礎知識があれば、レースの予想と結果を楽しむだけでなく、
競馬そのものについて、いろいろ面白い発見をすることができます。
↓↓↓
競馬の基礎

 

 

 

 

 

■ よろしかったら、応援してください。 ■

 

 

 

 

 

 

 

■ スポンサーリンク ■

 

スポンサーリンク

夏競馬関連ページ

鳴尾記念2020
鳴尾記念2020、パフォーマプロミス、最後の直線では2着馬との熾烈なデッドヒートに競り勝って復活戦優勝
安田記念2020
安田記念2020、グランアレグリア、中団追走から最後の直線は馬場の真ん中を力強く抜け出してG1・2勝目
エプソムカップ2020
エプソムカップ2020、ダイワキャグニー、残り200m過ぎ先頭を奪取、後続の追撃を退け6歳で重賞初制覇
マーメイドステークス2020
マーメイドステークス2020、サマーセント、残り200m過ぎ3頭叩きあいを抜け出し先頭に立ち重賞初制覇
ユニコーンステークス2020
ユニコーンステークス2020、カフェファラオ、残り200m過ぎ先頭奪取のまま独走で無傷の3連勝で重賞初制覇
函館スプリントステークス2020
函館スプリントステークス2020、ダイアトニック、残り100m過ぎ先頭に突き抜け後続を尻目に重賞2勝目
東京ジャンプステークス2020
東京ジャンプステークス2020、ラヴアンドポップ、最後の障害飛越後、直線ゴール前先頭馬を外から差し切り重賞初制覇
宝塚記念2020
宝塚記念2020、クロノジェネシス、最後の直線で先頭に立ち馬群の中から突き抜け独走でG1は2勝目
ラジオNIKKEI賞2020
ラジオNIKKEI賞2020、バビット、直線ゴール前は後続との差をさらに広げ逃げ切りの3連勝で重賞初制覇
CBC賞2020
CBC賞2020、ラブカンプー、復活!最後まで後続を寄せ付けず逃げ切り勝ちで重賞初制覇
プロキオンステークス2020
プロキオンステークス2020、サンライズノヴァ、レース前半後方待機し、直線大外から豪快に差し切りG3は3勝目
七夕賞2020
七夕賞2020、クレッシェンドラヴ、後方から差し切って、昨年2着の雪辱果たす優勝
函館2歳ステークス2020
函館2歳ステークス2020、リンゴアメ、最後の直線は外から4頭叩きあいを抜け出し重賞初制覇
函館記念2020
函館記念2020、アドマイヤジャスタ、最後の直線残り100m過ぎ外から一気に抜け出し重賞初制覇
中京記念2020
中京記念2020、メイケイダイハード、中団追走から先行馬群混戦模様を頑張って抜け出して重賞初制覇
アイビスサマーダッシュ2020
アイビスサマーダッシュ2020、ジョーカナチャン、先行争いでハナを奪うと、2頭競り合いを最後まで踏ん張り重賞初制覇
新潟ジャンプステークス2020
新潟ジャンプステークス2020、フォイヤーヴェルク、ゴール前200m過ぎ堂々突き抜け3連勝で重賞初制覇
クイーンステークス2020
クイーンステークス2020、レッドアネモス、直線では内の馬群の間をこじ開けて抜け出し重賞初制覇
レパードステークス2020
レパードステークス2020、ケンシンコウ、1角先頭に立ち直線残り200過ぎ後続を突き放し逃げ切り重賞初制覇
エルムステークス2020
エルムステークス2020、タイムフライヤー、中団追走から最後の直線は4頭叩きあいをグイと抜け出し重賞2勝目
小倉記念2020
小倉記念2020、アールスター、ゴール前最内を鮮やかな脚で抜け出し重賞初制覇